課題に意識を注力する検証スキーム

Feature 1:課題に意識を集中する検証スキーム

課題に意識を集中する検証スキーム

お客様の課題に意識を集中して評価・考察するため、1回のアナライズ実施での設問は1つとしています。

お客様からご相談を受けたテーマは、回答する登録エバリュエータに正しく伝わるよう、その背景や説明を十分に行います(味覚、利便性等のチェックでは現物配布、貸出での実施を行います)。
その上で、例えば
「この製品(サービス)は売れると思いますか?」
「次のA,B,C,D,Eのうち、どのデザインが斬新だと思いますか?」
「このビジネスアイデアは成功すると思いますか?」
といったお客様が設定する単刀直入な一つの設問と2~5者択一の回答ボタンを設け、それから「なぜそう思いましたか?」のコメントを求めます。

シンプルだからこそ、回答する登録エバリュエータは評価・考察に集中し、親身になって取り組みます。そして複数の回答を集計してマジョリティを導き出します。シンプルだからこそ、低価格でスピーディな情報提供が可能なのです。

 
ご相談ボタン
 
Featuresトップへ